用途に応じてそろえておきたい印鑑ケース

日本では様々な契約などの際に印鑑を使うことが多いものです。何本も印鑑を持っているという方も多いでしょう。日常の中で使う認印、銀行印などのほか、大切なときに利用する実印なども手元にあるはずです。そういった物を保護し、使いやすくするためには印鑑だけではなく印鑑ケース選びも重要となります。

どういった物があるのか、利用の仕方とともにチェックしてみましょう。

持ち歩くものは一本だけ入るケースを

印鑑は自宅で使うだけではなく、出先で使うという事も多いアイテムです。そのため持ち歩き用のケースがまず必要となります。若い方などもともと一本しか持っていないという方はもちろんですが、多くの印鑑を持っているという方も持ち歩くために一本だけ入るタイプのケースを備えておくと便利です。関連|印鑑 ... 印鑑ダイレクト

何本もまとめて入るものは保管には向いていますが、大きくて持ち運びがしづらいという事もありますし、複数のものを持ち歩くことで混乱してしまうということがあります。

使用する印鑑が一つに決まっている場合には、それだけを持ち歩いたほうが紛失の危険などもなくて安全ですし、コンパクトになるので持ち運びがしやすくなります。そのまま出先で使うという事を考えると、朱肉も一緒についているタイプのものが便利です。

朱肉が内蔵されているタイプのものもありますし、別に朱肉が小さなケースに入って金具などで取り付けられているタイプのものもあります。デザインや持ち運ぶシーンに合わせて選ぶのがおすすめです。小さなバッグなどに入れるならできるだけコンパクトなものを選びましょう。

単体で持ち歩くことが多い場合にはストラップなどがついていると手や首に下げることが出来て持ち運びやすいです。使いやすい形のケースで持ち歩きを楽に安全にできるようにしていきましょう。

仕事などで常に押印する場合

仕事でたびたび印鑑を使うという方も多いのではないでしょうか。契約の際など限られた場面だけではなく、毎日の業務の中で書類を見たしるしに印鑑を押すという場面は多くあります。そういった時に印鑑を取り出して、朱肉を付けて押して、また収納して、という手間がかかってしまうのが面倒という方もいるでしょう。

スタンプ式の印鑑が使えるなら手軽になりますが、そうではないケースも多いものです。このようなケースでは、朱肉と一体型になっているケースを利用するのがおすすめです。ケースの中に印鑑をセットして、上部が蓋になっているタイプのものが多くなっています。

ふたの部分に朱肉がついていて、蓋を開ければすぐに押印できるという形のものがあるのです。これなら、蓋をあけるだけでいいですから手軽ですし、すぐに押印できます。たびたび印鑑を押すことが面倒だと感じている方はこうしたものを利用してみてはいかがでしょうか。

単なる保管ケースというだけではなく、書類の処理スピードを上げてくれて仕事の能率アップにもつながりやすい便利なアイテムということが出来ます。

保管用には本数の入るものもおすすめ

印鑑を一つだけではなく数多く持っているという方も多いのではないでしょうか。それぞれ出番が少ない場合、別々のケースに入れているとどこにどれをしまったのか忘れてしまうことがあります。そのようなことにならないように、複数の印鑑をまとめて入れることが出来るケースを利用するのがおすすめです。

それなら印鑑がある場所は明確になりますから、そこをチェックすればよいということになります。持ち歩く必要が出た時に別のケースを使い、再び戻しておくという形で使っていけばよいのです。多くの本数を一緒にしまっておくことで判別しにくくなるという事もありますが、例えば印鑑の材質が違うものを利用したり、シールなどを利用して印鑑が識別できるようにしたりしておくという方法があります。

場合によってはケースに印鑑の内容を記入しておくという事も出来るでしょう。朱肉が付いたまま収納すると劣化してしまうという事もあるので、しばらく使わないような印鑑であれば保管用のケースに入れる際にふき取って綺麗にしておくようにしたいものです。

ケースもキレイな状態で保てますし、印鑑も長持ちさせることが出来るようになります。

印鑑とセットで購入することも多い

印鑑を購入するときに、印鑑ケースも一緒に購入するという場合が多いでしょう。特に実印などが含まれた高級なセットなどを購入する際には、それに合わせたケースが一緒についていることも多いものです。そういった場合にはそれを活用するのが良いでしょう。

いくつかの中から選べる際には自分好みのデザインのものを選ぶのがおすすめです。やはり印鑑を使うシーンは特別なものです。使用するときに気に入ったデザインのケースが目に入れば気持ちも明るくなります。安価な印鑑を購入した時など、ケースが特にセットとしてついていない場合でも、印鑑を購入したときにケースは一緒に購入しておくのがおすすめです。

印鑑は小さなアイテムなので、それだけで収納しておくと目立ちにくく紛失などにつながってしまいます。印鑑のありかをはっきりさせて、破損などからも保護してくれる役割がありますので、ぜひケースも一緒に購入しておくようにしたいものです。

始めは一本だけ入るシンプルなタイプでもよいでしょうが、印鑑を買い足した際などは収納しやすい大き目のものに買い替えるという事もおすすめです。

印鑑ケースは必要に応じて買い替える

印鑑はそれほど頻繁に買い替えるものではありません。長く愛用していくことがほとんどでしょう。しかし、印鑑ケースは必要に応じて買い替えていくということが必要になります。使い方に問題が無くても、印鑑についている朱肉がケースに移り、見た目が悪くなってしまうという事もあります。

プラスチックなどの素材によっては、留め具がうまく機能しなくなったり割れが発生したりすることもある物です。そういった物をそのまま使っていると、人から見てみっともない状態になってしまうことになるだけではなく、けがや印鑑自体の劣化につながる恐れもでてきてしまいます。

こうしたことはできるだけ避けておきたいものです。ケースとしての役割を考えると、安全に使えるもの、見た目が損なわれないものを使う必要がありますから、問題が出てきたらケースを買い替えるという事は重要なことと言えます。

破損がないかどうかは常に確認しておくようにしましょう。